Documentation

1. Tower のライセンス、更新、サポート

Ansible Tower by Red Hat (“Ansible Tower”) は、ユーザーと Red Hat, Inc. (“Red Hat”) の間で結ばれる年間サブスクリプション契約を通して提供されるプロプライエタリーのソフトウェア製品です。

Ansible はオープンソースのソフトウェアプロジェクトで GNU 一般公衆利用許諾契約書バージョン 3 に基づいたライセンスです。これについては https://github.com/ansible/ansible/blob/devel/COPYING の Ansible のソースコードに詳しく記載されています。

1.1. サポート

Red Hat は、有料の Enterprise: Standard および Enterprise: Premium サブスクリプション契約をされているお客様で、Ansible Tower 製品のサポートを希望されるお客様に、サポートを提供します。

Ansible Tower の有料サブスクリプション契約をされている法人、個人のお客様は https://access.redhat.com からサポートチームにお問い合わせすることができます。お持ちの Ansible Tower サブスクリプションのサポートレベルを詳しく理解するには、「サブスクリプションタイプ」を参照してください。

Ansible のソフトウェアで問題が発生した場合には、https://github.com/ansible/ansible/issues/ の Github プロジェクトページで問題について起票するか、「ansible-devel」のメーリングリストにお問い合わせください。

Ansible のコミュニティーおよび OSS に関するすべての情報は https://docs.ansible.com/ansible/community.html を確認してください。

1.1.1. Ansible Playbook のサポート

有料の Enterprise: Standard または Enterprise: Premium Ansible Tower サブスクリプション契約をされているお客様に対して、Red Hat は Ansible Playbook のサポートを提供します [1]。Playbook のサポートには以下が含まれます。

  • Tower 経由での Playbook の実行におけるランタイム実行の問題
  • Playbook のエラーやトレースバックのサポート
  • Ansible のエキスパートからの Ansible の使用におけるベストプラクティスのガイド (制限あり)

Playbook のサポートには以下は含まれません。

  • Ansible モジュールおよびエンジンの強化および修正
  • 最初から Playbook を作成するサポート
  • 固有な Ansible または Ansible Tower バージョンの長期的なメンテナンス

備考:

[1]Playbook のサポートは、現在または 1 つ前のマイナーリリースの Ansible をお使いのお客様に提供されます。たとえば、Ansible の現バージョンが 2.2 の場合には、Red Hat はバージョン 2.2 および 2.1 の Ansible Playbook のサポートを行います。Ansible Playbook の回避策がない場合には、Ansible のソフトウェアの修正が必要となり、バージョンの更新が必要です。

1.2. 試用/評価

Ansible Tower の実行にはライセンスが必要ですが、最大ホスト 10 台の管理までは料金が発生しません。また、10 台以上のホストを使用して Ansible Tower の機能を確認する場合は、試用版のライセンスをご利用いただけます。

  • Ansible Tower の試用版ライセンスは http://ansible.com/license から入手できます。
  • より多くのノードを管理するためにライセンスを取得するには http://www.ansible.com/pricing/ を参照してください。
  • 試用版ライセンスや Tower ソフトウェアの評価時には、Ansible Playbook のサポートは含まれません。

1.3. サブスクリプションタイプ

年間サブスクリプション契約をベースにさまざまなサポートレベルおよびマシン数で、Ansible Tower は提供されます。

  • セルフサポート
    • 小規模な環境の管理 (最大管理ノード数 250 台)
    • メンテナンスおよびアップグレード込み
    • サポートまたは SLA なし
  • Enterprise: Standard (通称「Enterprise」)
  • Enterprise: Premium (通称「Premium Enterprise」)

すべてのサブスクリプションレベルには、定期的な Ansible の更新およびリリースが含まれます。

詳しい情報は、https://access.redhat.com/ または http://www.ansible.com/pricing/ から、Red Hat カスタマーポータル経由で Ansible までお問い合わせください。

1.4. ライセンスでのノードの数え方

Tower ライセンスは Ansible Tower が管理可能なノード数を定義します。通常のライセンスで「ライセンス数: 500」となっている場合は、最大管理ノード数が 500 に設定されます。

Ansible Tower は、インベントリーのホスト数をもとに管理ノードをカウントします。Ansible Tower インベントリーにライセンスでサポートされている数よりも多いノードが管理されている場合には、Ansible でジョブを開始できなくなります。インベントリーが動的に同期されるために Ansible Tower の管理ノード数がライセンスに指定されている数を超える場合には、動的なインベントリーの同期に失敗します。

「webserver1」など、同じ名前のホストが複数インベントリーに含まれる場合に、ライセンス上はこれらのホストは 1 つのノードとしてカウントされます。これは、別のインベントリーにあるホストは別にカウントされる Tower のダッシュボードの「ホスト」数とは異なる点に注意してください。

1.5. ライセンス機能

以下の機能一覧は、新規の Enterprise: Standard または Enterprise: Premium サブスクリプションすべてで利用できます。

  • ワークフロー (|at| 3.1.0 で追加)
  • Tower でのクラスタリング (|at| 3.1.0 で追加)
  • ログインのカスタムリブランディング (Ansible Tower 2.4.0 で追加)
  • SAML および RADIUS 認証サポート (Ansible Tower 2.4.0 での追加)
  • 複数の組織向けのサポート
  • アクティビティーストリーム
  • Survey
  • LDAP サポート
  • Active/Passive 冗長性
  • システムのトラッキング (Ansible Tower 2.4.0 で追加)

Enterprise: Standard または Enterprise: Premium のライセンスをお持ちで、Ansible Tower 2.2 より前のバージョンをお使いの場合は、新規のライセンスファイルをインポートしてシステムトラッキングを有効化する必要があります。

1.6. Tower コンポーネントライセンス

Ansible Tower に含まれるコンポーネントのライセンス情報を表示するには /usr/share/doc/ansible-tower-<version>/README を参照してください。<version> は、インストールした Ansible Tower のバージョンに置き換えます。

固有のライセンスを表示するには /usr/share/doc/ansible-tower-<version>/*.txt を参照してください。* は、参照するライセンスファイル名に置き換えます。