Documentation

Ansible Tower のアップグレードおよび移行ガイド

Red Hat Ansible Tower に興味をお持ちいただきありがとうございます。Ansible Tower は、Ansible を装備した環境に、制御、ナレッジ、委譲機能を追加して、チームが複雑かつ複数層のデプロイメントを管理できるように支援する商用オファリングです。

注釈

Ansible Tower 2.4.4 (またはそれ以降) のシステムは Ansible Tower 3.0 にアップグレードしてから Ansible Tower 3.1.0 にアップグレードしてください。

Ansible Tower Upgrade and Migration Guide では、Ansible Tower 2.4.4 (以降) のシステムをバージョン 3.0 にアップグレードする方法を説明します。Ansible Tower 3.0 リリースでは、アップグレードの実行方法が変更されたり、RBAC システムが完全に書き換えられたりするなど、多くの更新や変更が Tower に加えられています。本ガイドは、これらの内容や、データの移行や今回のアップグレードの準備をプランニングする際に注意すべき他の変更点などについて説明します。

フィードバック

脱字や誤字を発見されたり、このマニュアルを改善するご提案をお持ちの場合は、docs@ansible.com 宛にメールでご連絡ください。

ご提案をお寄せいただく場合は、できるだけ具体的にご説明ください。エラーを発見された場合は、場所を特定できるようにするため、マニュアルの書名、章番号/セクション番号、および該当部分の前後の文章を含めてご報告ください。受領したメールの内容はすべて確認しますが、すべてに返答できないことがありますのでご了承ください。

Ansible Tower Version 3.3.2; December 06, 2018; https://access.redhat.com/

目次