Documentation

3. 表記規則

Tower は、標準の REST API を使用し、サーバーの /api/ をルートとします。API は互換性の目的でバージョンに分けられており、現在は api/v2/ が利用可能で、/api/v1/ は非推奨となり、今後のバージョンで廃止予定です。API のバージョンに関する情報は /api/ にクエリーを実行すると確認できます。

バージョンに合わせて、POST または PUT 要求でのコンテンツ/タイプを指定する必要がある場合があります。

  • PUT: (識別子による) 特定のリソースもしくはリソースの集合を更新します。リソース識別子が前もって分かっている場合は、PUT を使って特定のリソースを作成することが可能です。
  • POST: 新しいリソースを作成します。他のカテゴリーに該当しない演算用の汎用動詞としても機能します。

"/" で終わらない URI はすべて 301 リダイレクトを返します。

注釈

Ansible Tower 3.5.1 API の変更: ジョブテンプレートのレコードに割り当てられる extra_vars のフォーマットが保持されます。以前のリリースでは、YAML は JSON に変換され、JSON として返されていました。2.2.0 以降、YAML はフォーマットとコメントが保持された状態で YAML として返され、JSON は JSON として返されます。