Documentation

23. スケジュール

スケジュール をクリックすると、選択した プロジェクトテンプレート、または インベントリーソース で現在利用可能なスケジュールのリストが表示されます。スケジュールのリストは次のとおりです。

  • 名前: スケジュール名をクリックすると、スケジュールの編集 ダイアログが開きます。
  • 初回実行日時: このタスクの最初にスケジュールされる実行
  • 次回実行日時: このタスクの次回にスケジュールされる実行
  • 最終実行日時: タスクに終了日時が設定されている場合、これはタスクの最後にスケジュールされている実行になります。
  • 最終変更時: スケジュールが最後に変更された時間
_images/generic-schedules-example-list.png

スケジュールリストは、矢印を使用して各コラムから属性別にソートできます。また、スケジュールの実行名、日付、月別に検索することもできます。

スケジュール名の横にある ON/OFF 切り替えを使用して、対象のスケジュールを有効化/無効化します。スケジュールごとに対応の アクション コラムがあり、このコラムにはスケジュールの編集 (edit) または削除 (delete) が可能なオプションが含まれています。

23.1. 新規スケジュールの追加

新規スケジュールを作成するには、以下を実行します。

  1. add ボタンをクリックすると、Add Schedule (スケジュールの追加) ダイアログが開きます。
_images/generic-create-schedule.png
  1. 以下のフィールドに該当する詳細を入力します。
  • 名前 (必須)
  • 開始日 (必須)
  • 開始時間 (必須)
  • ローカルタイムゾーン: 入力した開始時間はこのタイムゾーンの時間になります。
  • 繰り返しの頻度: 選択する頻度に応じて適切なスケジュールオプションが表示されます。

スケジュールの詳細: スケジュールの設定時に表示し、選択したローカルタイムゾーンで設定されたスケジュールとスケジュールされたオカレンスの一覧を確認できます。

_images/generic-create-schedule-desc.png

ご用心

ジョブは UTC でスケジュールされます。ジョブが 1 日の特定の時間に繰り返し実行される場合には、夏時間 (DST) へ/からの切り替えがあると、ローカルタイムゾーンに合わせてこれらのジョブのスケジュールは移動する場合があります。基本的に、Tower はスケジュールの保存時に UTC に対してローカルタイムゾーンベースの時間を解決します。スケジュールを正確に設定するには、スケジュールを UTC 時間で設定する必要があります。

  1. 終了したら、保存 をクリックします。

ON/OFF の切り替えボタンを使用して、有効なスケジュールを無効にしたり、無効なスケジュールを有効にしたりできます。

_images/generic-schedules-list-configured.png

左のナビゲーションバーからスケジュールアイコン (schedule) をクリックして設定済みのスケジュールすべてにアクセスできます。