Documentation

3. インストールに関する注意点

  • HTTP プロキシーにアクセスして OS ベンダーのソフトウェアをインストールする必要がある場合には、setup.sh を実行する前に環境変数「HTTP_PROXY」が適切に設定されていることを確認してください。
  • Tower インストーラーは、HTTPS 通信ができるように自己署名の SSL 証明書と鍵ファイルを /etc/tower/tower.cert/etc/tower/tower.key に作成します。これらは、インストール後に任意で独自のカスタム SSL 証明書と置き換えることができますが、ファイル名は同じままにしておく必要があります。
  • Ansible バージョン 1.8 以降を使用する場合には、Tower マシンの ansible.cfg で、Redis を使用したファクトキャッシュが有効にされていないことを確認します。
  • Tower は、Ansible のソフトウェアリポジトリーや OS ベンダーのソフトウェアリポジトリーなど、信頼済みのサードパーティーが提供するソフトウェアをインストールできるようにインターネット接続のあるマシンからインストールを行う必要があります。場合によっては、Python Package Index (PyPI) にアクセスする必要がある場合があります。インターネット接続のない環境でインストールする必要がある場合は、バンドルのインストールプログラムは推奨のソリューションではありません (「バンドルの Tower インストールプログラムの使用」を参照)。Red Hat カスタマーポータル (https://access.redhat.com/) 経由で Ansible までお問い合せください。

3.1. Red Hat Enterprise Linux および CentOS の設定に関する注意

  • PackageKit は頻繁に、インストール/更新メカニズムを干渉する可能性があります。設定プロセスの実行前にインストールする場合は、PackageKit を無効または削除することを検討してください。
  • 「ターゲット」 SELinux ポリシーのみがサポートされます。ターゲットポリシーは、disabled、permissive または enforcing に設定可能です。
  • バンドルインストールを実行する場合は (詳細は「バンドルの Tower インストールプログラムの使用」を参照)、Red Hat Enterprise Linux をご利用のお客様は、デフォルトで無効になっている以下のリポジトリーを有効化する必要があります。
    • Red Hat Enterprise Linux 7 をお使いの場合は extras リポジトリーを有効化する必要があります。

3.2. Red Hat Enterprise Linux および CentOS での Ansible の設定およびインストール

以下の手順は、リポジトリーへのアクセスの設定、以前のバージョンの Tower への Ansible のインストールに役立ちます。

3.2.1. リポジトリーアクセスの設定

EPEL リポジトリーおよびその他に必要なリポジトリーを設定します。

Red Hat Enterprise Linux 7 および CentOS 7 の場合には root ユーザーで実行します。

[email protected]:~$ yum install http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm

注釈

  • お使いの環境に固有の extras リポジトリーを有効化する必要がある場合もあります。
    • CentOS 7 は extras
    • Red Hat Enterprise Linux 7 は rhel-7-server-extras-rpms
    • EC2 で実行する場合は rhui-REGION-rhel-server-extras
  • 公式の Red Hat Enterprise Linux 7 マーケットプレース AMI を使用する場合は、オプションのリポジトリー (EC で rhui-REGION-rhel-server-optional という名称) を有効化できる最新の rh-amazon-rhui-client パッケージがインストールされていることを確認してください。

3.2.2. Ansible のインストール

注釈

Tower は Ansible Playbook を使用してインストールされるので、Tower のインストールを完了するには Ansible が必要です。

Ansible Tower バージョン 2.3.0 以降は、Ansible が自動的に設定プロセスでインストールされます。

以前のバージョン(2.3.0 よりも前) の Tower を使用している場合は、Ansible は http://docs.ansible.com/intro_installation.html にある Ansible ドキュメントに詳細に説明されているようにインストールしてください。

便宜上、これらのインストールの説明を以下のように簡単にまとめています。

[email protected]:~$ yum install ansible

3.3. Ubuntu での Ansible の設定およびインストール

以下の手順は、リポジトリーへのアクセスの設定、以前のバージョンの Tower への Ansible のインストールに役立ちます。

3.3.1. リポジトリーアクセスの設定

root ユーザーで Ansible PPA を設定します。

[email protected]:~$ apt-get install software-properties-common
[email protected]:~$ apt-add-repository ppa:ansible/ansible

3.3.2. Ansible のインストール

注釈

Tower は Ansible Playbook を使用してインストールされるので、Tower のインストールを完了するには Ansible が必要です。

Ansible Tower バージョン 2.3.0 以降は、Ansible が自動的に設定プロセスでインストールされます。

以前のバージョン(2.3.0 よりも前) の Tower を使用している場合は、Ansible は http://docs.ansible.com/intro_installation.html にある Ansible ドキュメントに詳細に説明されているようにインストールしてください。

便宜上、これらのインストールの説明を以下のように簡単にまとめています。

[email protected]:~$ apt-get update
[email protected]:~$ apt-get install ansible