Documentation

2. Tower の起動、停止、再起動

Ansible Tower には、現在の Tower シングルノードで実行中の全 Tower サービス (統合インストールの場合にはメッセージキューコンポーネントやデータベースを含む) を起動、停止、再起動可能な 管理ユーティリティースクリプト (ansible-tower-service) が同梱されています。管理者は明示的に外部データベースを管理する必要があります。サービススクリプトは /usr/bin/ansible-tower-service に配置されており、以下のように呼び出すことができます。

[email protected]:~$ ansible-tower-service restart

注釈

クラスター化されたインストールでは、Tower の外部に存在し、PostgreSQL が常に再起動を必要としないため、ansible-tower-service restart では、再起動するサービスに PostgreSQL が含まれません。代わりに systemctl restart ansible-tower を使用して、クラスター環境でサービスを再起動します。また、ローカルホストインストールの単一ノードではなく、特定の変更を保持するには、各クラスターノードを再起動する必要があります。クラスター化された環境の詳細は、クラスタリング セクションを参照してください。

また、ディストリビューション固有のサービス管理コマンドでもそのサービスを呼び出すことができます。ディストリビューションパッケージでは、サービスの管理用に通常は同様のスクリプト、場合によっては init スクリプトを提供します。詳しい情報は、ディストリビューション固有のサービス管理システムを参照してください。

注釈

OpenShift でコンテナー化された Tower を実行する場合は、ansible-tower-service スクリプトを使用しないでください。代わりに、OpenShift を使用して Pod を再起動してください。